Event is FINISHED

STARBUCKS 1DAY FUTURE SESSION

Description
未来のスターバックスの可能性をみんなで考えるワークショップ。ファシリテーターに勉強家で京都精華大学人文学部 特任講師の兼松佳宏氏を迎え、ポジティブな未来につながるスターバックスを考えます。

◆開催日時: 2018年3月21日(水・祝) 13:00~18:00
◆開催場所: スターバックス コーヒー 銀座EXITMELSA店
◆参加費: 無料
◆定員: 3~5名1グループとし、8グループ 
※グループ単位でご応募ください。応募多数の場合は厳正なる審査の上、決定いたします。
◆応募締切: 2018年3月12日(月)

ファシリテーター:
兼松 佳宏(勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師/「スタディホール」研究者)
GUEST:
井上 英之(慶應義塾大学 特別招聘准教授/INNO-Lab International 共同代表)
坂口 修一郎(プランニング・ディレクター / 音楽家、Double Famous / BAGN Inc.代表)
福本 理恵(異才発掘プロジェクトROCKETプロジェクトリーダー)


◎ファシリテーター兼松氏からのメッセージ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは!
ファシリテーターを務める兼松佳宏と申します。

「STARBUCKS 1DAY FUTURE SESSION」は、
3月8日から2週間かけて行われる、スターバックスのキャンペーン
「YOU & STARBUCKS - It's bigger than coffee ポジティブな未来をつくろう」
のトリを飾る、一日限定のワークショップです。

環境のこと、格差のこと、
あるいは高齢者や若者のこと、地域コミュニティのこと。
いろいろな社会的課題をクリエイティブに解決する、
あるいはこれまでになかった新しい価値を創出する、そんな
"ソーシャルデザイン"的な取り組みの拠点として、
21世紀のスターバックスのお店は、どんな役割を果たすことができるのでしょうか。

みんなが知っていて、国内に1300店舗以上の場があるからこそ、
どんな社会的なインパクトを生み出すことができるのでしょうか。

今回は各分野で活躍する魅力的な方々をゲストにお招きしながら、
ポジティブな未来づくりの実験台となるような
「○○できるスターバックス」のアイデアを、
参加者のみなさんと一緒に考えてゆきたいと思っています。

大切なのはアイデアコンペというよりも、
これからの時代に求められる画期的なコンセプトを発見すること。

季節が移ろう春分の日に、コーヒー片手にリラックスしながら、
ちょっと未来のことを思い描いてみませんか?

みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兼松 佳宏(勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師/「スタディホール」研究者)
1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。 2016年、フリーランスの勉強家として独立し、著述家、京都精華大学人文学部特任講師、ひとりで/みんなで勉強する【co-study】のための空間づくりの手法「スタディホール」研究者として、教育分野を中心に活動中。 著書に『ソーシャルデザイン』、『日本をソーシャルデザインする』、連載に「空海とソーシャルデザイン」「学び方のレシピ」など。秋田県出身、京都府在住。一児の父。 http://studyhall.jp

井上 英之(慶應義塾大学 特別招聘准教授/INNO-Lab International 共同代表)
2001年よりNPO法人ETIC.にて、日本初の、ソーシャルベンチャー向けプランコンテスト「STYLE」を開催するなど、若い社会起業家の育成・輩出に取り組む。03年、参加メンバーのお金と本業の仕事の得意を活かした投資をする、社会起業むけ投資団体「ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)東京」を設立。05年より、慶応大学SFCにて「社会起業論」などの、実務と理論を合わせた授業群を開発。「マイプロジェクト」と呼ばれるプロジェクト型の学びの手法は、全国の高校から社会人まで広がっている。09年、世界経済フォーラム「Young Global Leader」に選出。12~14年、米国スタンフォード大学、クレアモント大学院大学に客員研究員として滞在した。近年は、マインドフルネスとソーシャルイノベーションを組み合わせたリーダーシップ開発に取り組む。軽井沢在住。

坂口 修一郎(プランニング・ディレクター / 音楽家、Double Famous / BAGN Inc.代表)
1971年鹿児島生まれ。
1993年無国籍楽団ダブルフェイマスを結成。音楽活動の一方2004年音楽/アートスペース代官山UNITの設立にプロデューサーとして参加。2010年より鹿児島でクロスカルチャーな野外イベントGOOD NEIGHBORS JAMBOREEを主宰している。東日本大震災後には緊急支援で来日したジェーン・バーキンのサポートバンドをオーガナイズしワールドツアーに同行した。現在はディレクションカンパニーBAGN Inc.(BE A GOOD NEIGHBOR)代表を務め、ジャンルを越境/横断しながら多数のプロジェクト手がけている。著作として「ぼくらの岡山案内」(岡本仁と共著)がある。

福本 理恵(異才発掘プロジェクトROCKETプロジェクトリーダー)
1981年姫路生まれ。東京大学先端科学技術研究センターの交流研究員を経て、東京 大学大学院博士課程に進学。心のメカニズムを探るべく認知能力(モノの捉え方) についての研究をするも、自身の体調を崩したことがをきっかけに、日々の食の重 要性を再確認する。「豊かな心は、楽しい食卓から」をモットーに、「種から育て る子ども料理教室」のカリキュラム作成および運営に携わる。2014年からは東京大 学先端科学技術研究センターにて、農と食から教科を学ぶ「Life Seed Labo」を企 画、2014年秋にスタートする「異才発掘プロジェクト:ROCKET」のプロジェクト リーダーとしてカリキュラム開発に携わる。







Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#320983 2018-03-04 12:50:36
Wed Mar 21, 2018
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
【参加無料】グループ参加 FULL
Venue Address
中央区銀座5丁目7−10 EXIT MELSA Japan
Organizer
YOU & STARBUCKS - It's bigger than coffee ポジティブな未来をつくろう
250 Followers
Attendees
13